野菜ジュース 栄養

野菜ジュースで、野菜を食べるのと同じ栄養を摂ることが出来るのか?

テレビCM等で、「一日に摂らなければならない野菜」って具体的にありますよね。
アレだけの量の野菜を毎日食べ続け、栄養素を摂ることなんて、到底無理です。
そこで、野菜不足を補うものとして「野菜ジュース」等が販売されています。

 

では、本当に野菜ジュースで、実際に野菜を食べるほどの栄養が摂れるのでしょうか?
今日は、「食べて摂る野菜」の効果を「飲む野菜ジュース」で補えるのか?
以上のことについて、検証して行きたいと思います。

 

 

野菜ジュースでのビタミンC摂取は期待出来ない

 

市販の野菜ジュースのほとんどが「濃縮還元」という製法で作られています。
濃縮還元とは、搾った果汁を1回水分を飛ばし濃縮後冷凍し、使用時に再び水を加えるやり方です。

 

この製法ならばカサが減り、運搬費が安く済むというメリットがあるのですね。
果汁(野菜汁)100%と謳っているジュースでも、使用時に水が加えられます。

 

また、野菜ジュースを濃縮する時に殺菌のために過熱されるのです。
熱に弱い「酵素」は死んでしまい、ビタミンCも激減してしまいます。
つまり、野菜ジュースで酵素とビタミンCの栄養素を取り込むことは、不可能に近いということです。

 

 

野菜ジュースは野菜の代わりにはならない

「1本で1日分の野菜を使用」と謳われていることは、果たして本当なのでしょうか?
1日の野菜摂取量350gの栄養素は、野菜ジュースで摂ることは出来ません。
野菜ジュースは、あくまでも補助的なものとして位置付けることが大切です。

 

野菜の種類によって含まれる栄養素が違って来ますので、それぞれの商品によって栄養価も異なります。
栄養素を補うために、ビタミンやミネラルを添加している商品もあるので、パッケージを良く見ましょう。
同じ野菜ジュースを飲むならば、自宅のミキサーで作ったものの方が栄養があります。

 

1日分の野菜の代わりとして、野菜ジュースで補うという意識は危険があります。
あくまでもおやつ代わり感覚、おかずの1品くらいの意識で丁度良いでしょう。
本物の野菜を食べて、バランス良い食事で健康な毎日をお過ごし下さい!