野菜ジュース 効果

野菜ジュースには本当に生野菜を食べたときと同じ様な効果があるのか?

美容や健康を意識していても、忙しくて栄養摂取が不足がちになります。
特に、しっかり野菜を食べられない現代人に人気なのが野菜ジュースです。
「1日分の野菜がこれ1本で摂れる」などといったキャッチコピーなどで販売されています。
実際に野菜ジュースを飲むことで、野菜を食べるのと同じ効果があるのでしょうか。

 

野菜ジュースの定義

野菜ジュースには、実に様々な種類のものが販売されています。
細かい基準は存在せず一般的に野菜汁のみです。
もしくは、食塩を添加したもので野菜汁(果汁)100%のものを指すのです。

 

果汁50%以上で野菜汁と果汁のみの場合、果実・野菜ミックスジュースと表記されます。
果汁(野菜汁)が100%のものだけがジュースと表記することが可能です。
中には、濃縮還元と表記されているものもあります。

 

濃縮還元とは

一般的にお店で売ってる野菜ジュースのほとんどが、「濃縮還元」という方法によって作られています。
濃縮還元は搾った野菜汁(果汁)を加熱などして水分を飛ばし、5倍程度まで濃縮後冷凍します。
その後、使用時に水を加えて元の濃度に戻すという方法です。

 

濃縮還元をせずに、野菜汁や果汁だけで作られている商品もあります。
これらは、ストレートと表示されているジュースです。
味や風味では濃縮還元より断然、上になります。
しかし、どうしても殺菌のために加熱処理が欠かせません。

 

補助的に活用しよう

野菜ジュースをおやつ代わりに飲むこともあります。
野菜ジュース専門店でのドリンクに、野菜ジュースを選ぶのは有効でしょう。
しかし、実際に生野菜を食べるのとは効果が違うことを覚えておくべきです。
野菜ジュースはあくまで補助的なものだと考えましょう。

 

毎日摂取することで、徐々に健康な体へと変化していきます。